横浜ベイサイドマリーナで発見

2007.07.16 Monday

0
    エンデバー2世横浜ベイサイドマリーナで発見
    今日は定休日ですので、ちょっと散歩に行ってきました。
    電車で30分くらいのところです。

    すごく綺麗なブルーの流線型の大型ヨットを発見
    明らかに、レーサーと解りました。

    それがエンデバーでした。

    エンデバー(130フィートのJ Classスループ帆船)は、1934年にイギリスで、アメリカズカップのために建設されましたが、残念ながらアメリカ艇レインボーに破れたようです。

    その後1937年にエンデバー二世号が建造され、再度挑戦しますがアメリカ艇レインジャーにまたしても敗れてしまいました。その後第二次大戦のため1958年までアメリカズカップは休止になってしまったためか、1947年に持ち主が代わりスクラップにされかかりましたが、持ち主が代わり、80年代前半に南イギリスの中の人気のない水上機基地の中にエンデバー二世が見つかりました。

    完全な残骸状態で発見されたエンデバー二世は、1984年のアメリカの女性のヨット操縦者エリザベス・マイヤー購入され再建されました。

    道理で側で見ると、1934年の船には見えなかったわけです、艤装など最新の物の様で船名を調べたとき、レプリカか、最新の技術で作られた三世号と思いました。

    ヨットのことは門外漢なので、こんな綺麗なヨットが側で見れて感動です。

    なんでもオーナーが日本から乗り込んで、日本一周をするそうです。いいなぁ

    エンデバーの歴史など間違いがありましたらご容赦下さい。

    http://www.jclassyachts.com/endeavour.html